人生を変えるには「時間」の使い方を変える

 

時間の使い方を変えろ

時間

1日の時間は24時間、これは誰もが同じです。時給にあえて換算してみると、その中で時給1,000円で働く人もいれば、時給10,000円以上で働く人もいますよね。平等である時間の中でどうやってお金に変えていくか、効率と質がとても大事になってきます。

よりお金を稼ぐために何をするか。
★時給が高いものを探す(リスクが伴うかも)
★働く時間を増やす(体に悪い)
★ギャンブル(ハイリスク)
…etc

いま羅列したものにはリスクや限界があります。これらの問題解決は、脳と時間の使い方を意識することです。すべての人に平等に分け与えられた時間を効率よく使いましょう。テレビを見る時間・趣味に使う時間・仕事をする時間・遊ぶ時間・飲み会で過ごす時間・寝る時間…etc、すべてのことに対して、損得を考えて効率よく行動することが大事です。

将来の目標はありますか?

そこに向かって逆算して、効率と質を上げつつ行動するだけです。

 

時間の効率と質の上げ方

★効率の上げ方のコツ

キャッシュポイントという言葉があります。つまり収入源。これはあればあるだけ良いです。1つの仕事をしている間にも、別の収入源からお金が発生している状態を作ること。これが効率の上げ方です。

それにあたり肩書きはたくさん持ってたほうがいいです。つまり自分が出来るスキルを増やしていくこと。自分の中の肩書きや役職を思い浮かべた時に、何個思いつきますか? 私の場合、Web制作・BLOGコンサルティング・ライター・インタビュアー・カメラマン・シェアハウスおよびパーキング管理・国際事業部Product Manager・英訳などがあります。自分のキャパシティを上げれば上げるほど、出来る仕事も増え、依頼も増えてきます。そしてそれらを仕組み化して収入源を増やしています。

★質の上げ方

これはとにかく行動しながら考えていくしかないです。実行して反省しては改善しての試行錯誤を繰り返して、いかに使う時間の質を上げていけるか考える。頭を使う、それしかないです。

 

負の時間を減らせ

自分の仕事は好きですか? 好きじゃないなら辞めたほうがいいです。この先何十年そのつらい時間と付き合っていくんですか。そもそも自分で選択した道に文句を言うのは自分を否定しているのと同じです。そんなことをしていると人間性も養われないし、仕事のレベルも低いまま。日本の労働者人口の半数と同じレベル。つまりどこにでも代わりがいる人。そんな人は過去を悔やんで現状に立ち止まって変化を恐れるより、未来にわくわくして好きなことを仕事にする方が幸せですよ。

変化しても、もちろん初めは苦しいし、お金にはなりません。でも行動し続けることが幸せへの道筋です。ここでも大半の人はすぐに折れて逆戻りすることを選びます。でも続けていれば必ず成功する。

成功者がなぜ成功したか。
それは成功するまで続けただけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です