外貨預金でお金を増やす方法

外貨預金とは?

「円高」と「円安」の話

外貨預金をすることでお金を増やしていくことができます。外貨預金とは、「円」で預金するお金を、米ドルやユーロなどの「海外通貨」で預金することを指します。

メリット・デメリットは後ほど詳しく説明していきますが、外貨預金を行うことで日本の金利よりも高い利率で、資産運用を行うことができます。

外貨預金のキーワードとなる1つが「円高」と「円安」です。

円高とは?

例えば、1ドルのレートが100円だったとします。これが翌日になると90円になったとしましょう。さて、この場合、円高になったと言えるでしょうか? 円安になったと言えるでしょうか?

答え「円高」です。

1ドルを前日より安い値段で購入できるため、円の価値が高くなった、つまり「円高」になったと言えます。

円安とは?

それでは、反対に「円安」とはどういった状況なのでしょうか? 同じく1ドルのレートが100円だったとします。これが、翌日になると110円になったとしましょう。さて、この場合、円高になったと言えるでしょうか? 円安になったと言えるでしょうか?

もうお分かりかと思いますが、答え「円安」です。

つまり、1ドルを前日より高い値段で購入する必要があるため、円の価値が低くなった、つまり「円安」になったと言えます。
 

 

キーワード1 円高
アメリカの1ドルに対して日本円の価値が高くなること
キーワード2 円安
アメリカの1ドルに対して日本円の価値が低くなること

利益の出し方

「円高」と「円安」が理解できたところで、次はどのようにすれば利益が出るのか見ていきましょう。

簡単に言うと、1ドルを100円で買って、1ドルが200円になったタイミングで売ります。そうすると、その差分が利益となります。

円高になったタイミングで預入をして、円安になったタイミングで払戻をすることで利益ができます。

参照:じぶん銀行:はじめての外貨預金

外貨預金は為替変動による元本割れが起きるリスクもあります。しっかりと責任をもって行いましょう。
 
 

外貨預金のメリット

高い金利で資産運用ができる

メガバンクの定期預金の金利がわずか0.01%であることは以前お話しました。日本では低金利が続いていますが、海外の通貨になると、南アランドでは6.50%という金利が算出されています。

例え為替で損益が出てしまったとしても、金利によってカバーできる可能性もあります。
 

参照:楽天銀行

外貨預金においては失敗しないために、リスクヘッジをしっかりとしておきましょう。通貨を分散させたり、相場を見ながら預入を分散したり、リスクマネジメントをしっかり行うことをオススメします。

為替の変動により利益が出る

外貨預金のメリットといえば、為替の変動により利益を得られる可能性があることです。これは円預金にはなく、外貨を為替する外貨預金の特徴でもあります。円高の時に円を預入し、円安になったタイミングで払い戻しをすれば、利益を得られることができます。

資産のリスク分散が可能

例えばあなたが日本円のみを保有している場合、もし将来円安になったとすれば、あなたが外国に行った時に今よりも大きい金額の日本円が必要となってきます。外貨預金を行うことは、日本を投資対象とするのではなく、外国に対しても投資を行うことになるので、保有資産のリスクを分散させることができます。

さらに、外貨預金を行なっている場合、為替手数料がかかりますが、これは海外へ行く際に必要とされる両替の手数料より低いことが多いため、海外へよく行かれる方には嬉しい特徴です。

外貨預金のデメリット

元本割れの可能性もある

為替変動により利益を得られることと反対に、損失となり元本割れとなる可能性も十分にあります。円高になったタイミングで払い戻しをしてしまうと損益となるため、しっかりとタイミングを見極める必要があるでしょう。為替をチェックしつつ、損にならないタイミングで取引を行いましょう。

外貨預金はペイオフの対象外

ペイオフとは預金保護の意味で、もし金融機関が破綻をした場合、契約の種類にもよりますが、1金融機関1預金者あたりの元本1,000万円までと、その利息等が保護の対象となります。そして保護の基準を超える部分に関しては、その金融機関の財産の状況に応じて支払われます。

しかし外貨預金の場合においては、このペイオフの対象とはならないため、万が一、預け入れをしている金融機関が破綻をした場合、元本の保護はされません。

金融機関が破綻する理由としては、住宅ローンや事業融資など、リスクの高い貸付を行なっていることも理由としてあげられます。外貨預金を行う場合、万が一のことも考えてしっかりと投資先を絞りましょう。
 

キーワード3 ペイオフ
金融機関が破綻した場合、破綻した金融機関に代わって預金保険機構が、預金者に預金額を一定額まで払い戻す制度
 

株式投資のメリットとデメリット

2018.11.14

円定期預金のメリットとデメリット

2018.11.14

投資信託のメリットとデメリット

2018.11.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です