株式投資のメリットとデメリット

株式投資とは?

会社が発行する株式の売買

株式投資とは会社が発行する株式を売買しながら利益を得る投資方法です。株式とは、会社が資金調達を目的して発行する証明書のことであり、会社に対して資金を出資した人が所有することができます。

株式会社とは、株式を発行して調達したお金で設立した会社であるため、株式を所有している株主は、株式の所有の割合によっては経営に携わることが可能となります。

株式投資を学ぶ前提として、下記の2つのキーワードの意味は理解しておきましょう。
 

キーワード1 株式会社
株式を発行して調達したお金で設立した会社
キーワード2 株式
会社が資金調達を目的として発行する証明書
 

参考:YAHOO!JAPANファイナンス

株式投資で利益を得るためには?

キャピタルゲイン

株式投資で利益を得る方法は2通りあり、その1つがキャピタルゲインとよばれるものです。多くの方はイメージする株式投資で得る利益は、こちらのキャピタルゲインが多いと思います。

キャピタルゲインとは、株式を購入して売却する時の利益のことです。自分が目をつけている会社の株価が低い時に株を購入し、株価が高くなった時に売却する。その時に生まれた差額が利益となり、これがキャピタルゲインです。

ちなみに株式投資にはインサイダー取引とよばれる違法行為もあるので注意しましょう。ある会社の内部情報に接する役員等が、その立場を利用して内部情報を入手し、この情報をもとに株式投資を行うと違法となります。

これは一般の投資家との不公平を防ぐための法律であり、違反した場合、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰則などが課せられます。ちなみ仮想通貨は、通貨・法貨としては認定されていないため、インサイダー取引は現状該当しないようです。

キャピタルゲインで利益を出す場合、世の中の動きを常に監視しておく必要があります。今後上昇する可能性のある、株価が安い会社を見つけることができれば大きな利益となるでしょう。
 

キーワード3 キャピタルゲイン
株式を購入して売却する時の利益

インカムゲイン

株式投資で利益を得るもう1つの方法がインカムゲインです。インカムゲインとは、会社の株や債券を保有しておくことで得られる、配当などの利益のことです。

キャピタルゲインが株を売買することによって得られる単発の利益であることに対し、インカムゲインは定期的に利益を得ることができます。保有しておくことで得られる利益のため、老後の安定期な収入を得たい方や、将来の資産形成をしたいという方にはオススメです。

インカムゲインという言葉は、多くの業界で使われることがあり、例えば不動産をもつことで得られる家賃収入や、銀行に預金しておくことで得られる利子もインカムゲインとよばれます。自分の計画に基づいたインカムゲインを得ましょう。
 

キーワード4 インカムゲイン
会社の株や債券を保有しておくことで得られる、配当などの利益
 

参考:YAHOO!JAPANファイナンス

インカムゲイン・キャピタルゲインともにメリットの違いも利益の違いもあります。将来の自分の計画に沿った投資方法を行いましょう。そのためには、銀行預金の利率から運用方法、不動産などその他の投資についても勉強しておく必要があります。
 

投資信託のメリットとデメリット

2018.11.13

株式投資のメリット

株の売却益が得られる

株式投資のメリットは、株を売買することによって生まれる利益(キャピタルゲイン)が得られることと、保有しておくことで得られる配当金(インカムゲイン)が得られることです。

株価は変動するものであるため、株価が低い時に株を買って、その株が値上がりすれば大きな利益を得られる可能性もあります。さらに、保有しおくことで得られる配当金は、将来の資産形成をするためにも有効です。

世の中の流れに詳しくなる

株式投資をすると、必然的に世の中の流れを観察しなければいけません。すると、今まで気がつかなかった世の中の仕組みに気づかされることになるでしょう。ジャンルの違うサービスでも実は大元が一緒であったり、絶え間ない企業努力をしている会社を知れたり。

おそらく生活をしている時の視野が、大きく変わるはずです。それほど私たちの生活の中には、企業と消費者という関係が密接に絡み合っているのです。ニュースを気にする回数が増えたり、新商品が出れば試してみたくなったり、ある企業を応援したくなったり。

株式投資をすることによって、あなたの人生が変わる、視野が広がる可能性は大いにあります。

株式投資のデメリット

経営状況に左右される

株式投資は元本保証がついているものではなく、会社の経営状況によっては元本割れとなるリスクもあります。株価が購入時より値下がりしてしまえば、売却時は赤字となります。

株式投資をすれば大損して借金をしてしまう、というイメージを持っている方も多いですが、株取引は現物取引のため、出資額以上の損失を被ることはありません。つまり10万円を出資したとして、出資先の会社が倒産したとしても10万円は失ってしまいますが、それ以上の損失はありません。

キャピタルゲインはハイリスク・ハイリターンの投資方法、キャピタルゲインはローリスク・ローリターンの投資方法です。自分の計画に沿って株式投資を始めましょう。

もし株式投資を始めるにあたり、初めは少し不安だという方は、投資のプロに資金を預けて運用してもらうという方法もあります。「投資信託」と呼ばれるものですが、独学で行うよりリスクは低いでしょう。さらに100円という少額でも始めることができるため、初めての方にはオススメかもしれません。
 

円定期預金のメリットとデメリット

2018.11.14

外貨預金でお金を増やす方法

2018.11.13

投資信託のメリットとデメリット

2018.11.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です