FXのメリットとデメリット

FXとは?

外国通貨の売買

FXとは外国の通貨を売買することによって利益を得る投資です。正確には「Foreign Exchange」の略称で、外国為替証拠金取引といいます。

外国為替とは、2つの異なる通貨を交換することを意味します。例えば外国へ旅行に出かけたとしましょう。「円」を持っていたとしても、渡航先では使えませんよね? その時に現地の通貨へ交換をするはずです。この行程を外国為替といいます。

証拠金取引とは、一定額のお金を担保(証拠金)として預けることで、それ以上の大きなお金を用いて取引をすることを指します。たとえば10万円を証拠金として、100万円分の取引を行った場合、これが証拠金取引となります。この場合「レバレッジ」は10倍になります。

つまりFX(外国為替証拠金取引)とは、自己資金を証拠金とすることで、それ以上の大きな金額で投資をすることができ、2つの通貨のレートの差を利用して利益を得る投資方法です。
 

キーワード1 FX
FXとは外国の通貨を売買することによって利益を得る投資です。
キーワード2 外国為替
2つの異なる通貨を交換することをいいます。
キーワード3 証拠金取引
一定額のお金を担保(証拠金)として預けることで、それ以上の大きなお金を用いて取引をすることを指します。

FXで利益が出る仕組み

通貨の変動を利用する

FXで利益を出す方法はいくつかありますが、基本的な利益の出し方は、通貨の変動を利用する方法です。

通貨の価値は、例えば1ドルが100円であったり、110円であったりするように、変動することはご存知でしょう。FXはこの通貨の価値(レート)の変動を利用して利益を出す投資です。100円で1ドルを両替し、1ドルが300円になったタイミングで円に戻すと、300円-100円=200円の利益を出すことができます。

このように通貨の価値(レート)の変動を利用して利益を出すことができます。

FXのメリット

少額の資金で大きな取引ができる

「レバレッジ」という言葉はご存知でしょうか? レバレッジとは「テコ」のことであり、少額の資金を用いて、大きな資金で取引できることから、そのように名付けられました。

例えば10万円を自己資金としてFXを始めた時に、「レバレッジ10倍」であれば100万円を資金として取引を行うことができます。これがFXの最大の特徴です。会社にもよりますが、多くは最大25倍までレバレッジをかけることができます。

しかし注意しなければいけないのは、10倍の資金で取引ができるのと引き換えに、10倍のリスクもあるということです。リスクについては後ほど、ご説明いたします。

どんな場面でも利益が出せる

外貨預金などの場合、利益は円安や円高によって大きく左右されますが、FXの場合は2つの通貨を扱うため左右されません。好景気、不景気どんな場面でも利益を出せる可能性があります。

例えば、1ドル=100円の時に買って1ドル=200円の時に売れば、100円の利益が出ます。これは円安の状態ですが、円高の状態でもドルを売ることで利益を出すことができます。

1ドル=100円の時にドルを売って、1ドル=50円の時にドルを買い戻せば、50円の利益を出すことができます。このあたりは少し難しい話ですが、少しずつ勉強していきましょう。

「円安」と「円高」がわからないという方は『外貨預金でお金を増やす』から勉強しておきましょう。
 

外貨預金でお金を増やす方法

2018.11.13

スワップポイント(金利差)で利益が得られる

FXには、スワップポイントという金利差で利益を得ることができるという特徴があります。各通貨には金利が存在し、スワップポイントとは各通貨の組み合わせで発生する金利差のことです。

この金利差を利用することで利益を得ることができますが、反対に金利差がマイナスとなってしまった場合は、支払いが必要となります。例えば円で米ドルを購入する場合、仮に円の金利が0.5%、米ドルの金利が3.0%だったとすると、金利差は+2.5%。この分のスワップポイントを受け取ることができます。

つまり「金利の低い通貨」で「金利の高い通貨」を購入した場合に利益を得られることができ、反対の場合は損益となります。

スワップポイントは通貨を保有している間、定期的に付与されるため、継続的な収入となります。これを利用してFXを初めてみるのもよいでしょう。

特にトルコの通貨、トルコリラは2018年9月現在、24.00%という高金利です。会社選びについては後ほど詳しく説明しますが、FXを始める場合、各通貨の金利を調べておくのも良いでしょう。
 


 

キーワード4 スワップポイント
各通貨の組み合わせで発生する金利差
 

FXのデメリット

元本割れのリスクがある

FXは為替の変動による取引により利益を得る仕組みのため、変動によっては損益となる場合もあります。そうすると、元本割れ、つまり取引金額が減ってしまう場合も十分にあります。

必ず儲かる投資ではありませんし、必ずプラスになるとも限りません。必ず自己責任で行いましょう。

さらにレバレッジをかけることによって、利益が出た場合、大きく儲けも出る可能性もありますが、反対に損失が出た場合は、大きく損害を得る可能性もあります。儲けるために勝つのではなく、負けないためにコツコツと投資は行なっていきましょう。

知識が必要

FXを始めるためには、まず知識が必要となります。そのため、投資やFXに関する用語や意味、そして世界情勢を理解するための勉強をしなければなりません。ローソク足の見方や、チャートの見方など、そして世界の経済に関する理解は必須となります。

勉強して知識をつけていくことは大変ですが、その知識はあなたの知的財産となり、今後のあなたの未来に大きく役立つことでしょう。以前は見えなかったことが見えたり、物事を俯瞰で捉えることができるようになるため、視野が大きく広がります。

FXで損失を出してしまっても、きっとそれは今後大きく繋がっていきます。失敗は成功のもとと呼ばれるように、失敗して改善して知識をつけて、積み重ねることで未来をつくっていきましょう。

人生において成功できるかどうかの基準は、リスクをとれるかどうか。そして継続していけるかどうかにかかっています。1つずつ積み重ねていきましょう。

会社選びのコツとポイント

自分の投資スタイルに合わせて

これからFXを始める方は、どの会社を選べばいいのか迷うと思います。まずは自分の投資スタイルを決めましょう。
 

  • 短期で利益を出したい?
  • 長期投資で安定的な収入?
  • 自動システムで売買?

 
自分のライフプランに沿って投資は行うものです。FXを行う目的を再確認し、自分のスタイルにあった投資方法を定めたうえで会社を選択しましょう。

短期で利益を得たい方

会社ごとのスプレッドを重視するとよいでしょう。スプレッドとは、通貨に対する買値と売値の差のことであり、取引にかかる手数料のようなものです。

例えば為替市場のレートが「1ドル113円90銭から113円93銭の間で取引」されている場合、買値が1ドル113円90銭、売値が113円93銭のため、スプレッドは0.3銭、つまり0.003円ということになります。

スプレッドは取引会社によって異なるため、短期で取引を行う場合はスプレッドが小さくなれば小さいほどよいです。短期投資が目的の方は、スプレッドを重視してみるとよいでしょう。
 

キーワード5 スプレッド
通貨に対する買値と売値の差のことであり、取引にかかる手数料のようなもの
 

長期で安定的に利益を得たい方

スワップポイントを重視するとよいでしょう。スワップポイントとは、各通貨の組み合わせで発生する金利差のことです。スワップポイントについて詳しくは『スワップポイント(金利差)で利益が得られる』で説明していますので、ご覧ください。

自動システムで売買したい方

自動売買システムとは、予めプログラムを選択しておくことで、自動的に売買を行ってくれるシステムのことです。投資経験の無い方や、忙しくて時間がとれない方などはこちらの自動売買システムを利用した投資が向いています。

5分もあれば誰でも始めることができ、FXの知識が無い方や、時間がなくて投資に集中できない方、そして寝ている間に相場が大きく変わってしまったらどうしよう、いきなり始めるのは不安だという方にはオススメの方法です。

設定したルール通りに、プログラムがあなたに代わって昼夜問わず取引を繰り返してくれるため、不安などの感情に左右されることなく、自動でコツコツと細かい利益を積み上げてくれます。

くりっく365は、FXの初心者からエキスパートの方まで、誰もが使いやすく、親しみやすい取引システムです。あらゆる方が取引に集中できるように、シンプルでわかりやすいことはもちろん、自由にカスタマイズできることも特徴的です。画面の操作に迷うことなく、じっくりと相場と向き合うことができるため、初心者の方にはオススメです。
 
FXの取引において、自動売買を用いているとしても利益が必ず出るとは限りません。必ず自己責任で行いましょう。取引のコツは勝って大きく儲けようとしないこと。負けないようにコツコツと取引を行うことをオススメします。損益となることもしっかりと頭に入れて、余力資金で始めていきましょう。

株式投資のメリットとデメリット

2018.11.14

外貨預金でお金を増やす方法

2018.11.13

投資信託のメリットとデメリット

2018.11.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です