WordPressでブログを作るまでの流れを4つのステップで解説!

まずはじめに

WordPressとは

WordPressとは2003年に公開された、オープンソースのブログソフトウェアであり、WordPressを用いることによって非常に簡単にブログを運営することができます。WordPressには下記のような特徴があります。
 

  • WEBサーバーにインストールして使うプログラム
  • 主にPHPというプログラミング言語で作られている
  • プログラムそのものは無料で配布されている
  • 記事をデータベースから読み込んで、テンプレートに当てはめてHTMLを作成している

 
用語が難しいと思う方は「WordPressはブログの運営に適したソフトウェア」と覚えておきましょう。

WordPressで出来ること

WordPressを導入することによって次のような利点があります。
 

  • 記事の更新がラク
  • 時限投稿ができる
  • 拡張性が高い

 

  • 記事の更新がラク
  • WordPressにログインして記事を書くだけで、自分でニュースを追加・更新することができます。これにより、ワードやブログ感覚で記事を書いていくことができます。

  • 時限投稿ができる
  • 予め記事を書いておき、公開日時を設定しておくことで、指定の日時に自動で投稿することができます。

  • 拡張性が高い
  • プラグインという追加のプログラミングをインストールして設定するだけで、WordPressの機能を拡張することができます。これにより、コンタクトフォームの設置やアンケートの設置などが出来るようになります。

一度WordPressでWebサイトを立ち上げると、その後の運用はかなりラクです。ただし、機能や見た目の細かい調整をする場合、テンプレートのカスタマイズが必要になるため、かなり高度な知識とプログラミング技術が必要となります。

WEBサイトを作るまでの流れ

WEBサイトを作る4ステップ

WordPressでWEBサイトを実際に作るまでの流れをご説明します。
 

  1. サーバーの調達
  2. ドメイン名の取得
  3. WordPressをインストール
  4. WordPressをセットアップ

 

 

  1. サーバーの調達
  2. レンタルサーバーに申し込みをします。処理速度などの面ではWordPressに適さないサーバーがあるので、安易に値段で決めず、詳しい人に相談するのがよいでしょう。

  3. ドメイン名の取得
  4. レンタルサーバーで申し込みが可能です。自身のブランド戦略に沿って適切なドメイン名を申請します。「.com」「.net」「.info」などの場合、年間2,000円〜3,000円ほど。「.jp」の場合は年間5,000円〜10,000円ほどと考えておくとよいでしょう。

  5. WordPressをインストール
  6. レンタルサーバーに自動インストール機能がある場合、そちらを利用します。詳しい人にお願いするのが安全かもしれません。

  7. WordPressをセットアップ
  8. WEBサイト上の適切なメニューやお問い合わせフォームなどの機能を付け加えるプラグインのインストール、プライバシーポリシーなどの必要な情報ページの作成と準備をしていきます。

 
以上の4ステップを踏むことで、WEBサイトを作成することができます。それでは、各用語について詳しく見ていきましょう。

レンタルサーバーについて

サーバーの意味と取得方法

WEBサイトを運営するためにはサーバーをレンタルする必要があります。詳しく話すと専門的な内容になってくるので、図解で簡単にお話いたします。

サーバーの話はよく家に例えられるのですが、WEBサイトを「家」、ドメインを「住所」とすると、サーバーは家を建てるための「土地」にあたります。

土地を借りると賃貸料が発生するようにサーバー(土地)をレンタル(借りる)と、初期費用(敷金・礼金のイメージ)に加え、月額費用が発生します。つまりWEBサイトを運営する場合は、レンタル料を支払いながらWEBサイトを運営する必要があります。
 

代表的なレンタルサーバー会社としてさくらインターネットエックスサーバーロリポップ!などがありますが、会社ごとに料金も違えば特徴も違いがあります。
 

エックスサーバー

WordPressを運営するうえでオススメのレンタルサーバーです。私のブログもこちらで運営しております。

高機能サーバーであり、多様な機能や処理など安定的なブランドです。月額料金は格安サーバーに比べると少し高くはなりますが、その安定性や機能を含めるとかなり手頃な値段といえるでしょう。ボタン1つでWordPressが簡単インストールでき、初心者の方にもオススメのレンタルサーバーです。

10日間は無料でお試しすることができるので、実際に使ってみるとよいでしょう。

エックスサーバーの場合は、同サイトで独自ドメインを取得することも可能です。取得方法についてはこちらをご覧ください。

 


 

 

さくらインターネット

格安サーバーであり、WordPressを運営するうえでの最安の料金は月額515円のプランです。2週間の無料お試しが可能なので、試しに使ってみるのもよいかもしれません。機能は標準ですが、転送量やディスクの容量が少なめになっており、アクセス数を増やしていきたい方や、画像を多くアップロードしたい方には不向きのレンタルサーバーです。

さくらインターネットの場合は、同サイトで独自ドメインを取得することも可能です。取得方法についてはこちらをご覧ください。

 


 

 

ロリポップ!

格安サーバーであり、データベース未対応であれば最安料金は月額100円です。WordPressでの運営を視野に入れる場合は月額費用が250円となります。しかし250円のプランでは対応データベースが1つのため、複数のサイト運営を考えている方は500円のプランがよいでしょう。

格安サーバーにしては転送量が大きいため、多量なアクセスにもある程度は耐えられるでしょう。何も考えずとりあえず始めたいという方にはオススメのレンタルサーバーです。

ロリポップ!の場合は、「ムームードメイン」で独自ドメインを取得することが可能です。取得方法についてはこちらをご覧ください。

 


 

ドメイン名について

ドメイン名の意味と取得方法

ドメイン名とは、簡単にいうと先ほどお話したようにインターネット上での住所になります。住所を伝えなければ友人を家に招待できないように、ドメイン名がなければユーザーをWEBサイトに呼ぶことができません。WEBサイトを制作する上で、サーバーとドメイン名(独自ドメイン)は必須なのです。
 

 

  • ドメイン名は登録制
  • 重複がなければ好きな文字列で申し込むことができます。ブランド価値を高めるために、ドメイン名はWEBサイトに関連のあるワードにしましょう。また、商品やサービスごとにドメイン名を分けて、WEBサイトを開設し運営することもよく使われる手法です。

  • 取得条件・使用条件がある場合がある
  • トップレベルドメインは、次の2つに大別することができます。

    ccTLD:特定の国や地域によるもの
    ※「.jp(日本)」や「.uk(イギリス)」など

    gTLD:特定の国や地域によらないもの
    ※「.com」や「.net」など
    「.jp」は日本に住んでいることが取得条件になります。

 
皆さんはよく使われているURLには、実はそれぞれに名前が付けられており、独自ドメインとはURLの一部を指します。図解でわかりやすく見ていきましょう。
 
“>
 
WEBサイトを作成する上では、上記の独自ドメインを申請し、取得する必要があるのです。

エックスサーバー

エックスサーバーでサーバーをレンタルされた方は、ドメインも取得することが可能です。まずは重複されたドメイン名がないか検索し、取得可能であればそのままドメインを取得しましょう。
 


 

 

さくらインターネット

さくらインターネットでサーバーをレンタルされた方は、ドメインも取得することが可能です。まずは重複されたドメイン名がないか検索し、取得可能であればそのままドメインを取得しましょう。
 


 

 

ロリポップ!

ロリポップ!でサーバーをレンタルされた方は「ムームードメイン」というドメイン取得サービスで、独自ドメインを取得することが可能です。双方の運営会社は同じなので、容易に連携させることが可能となります。こちらも同じく、まずは重複されたドメイン名がないか検索し、取得可能であればそのままドメインを取得しましょう。
 


 

WordPressをインストール

詳しいインストール手順

サーバーのレンタルが完了し、ドメインを取得し終えることができれば、いよいよWordPressをインストールしてみましょう。ご契約されたレンタルサーバーのサイト上でWordPressをインストールすることも可能なので、管理画面にてWordPressをインストールしてください。

詳しい手順は各レンタルサーバーのサイトをご覧ください。
 

 

WordPressをセットアップ

マルチバイト文字

ダッシュボード(管理画面)のプラグインページを開き、「WP Multibyte Patch」を有効化します。

※有効化するかどうかの諸説ありますが、最初のうちは難しく考えずに有効化しておくのがよいでしょう。抜粋表示などの文字計算が正しくなります。
 

 

一般設定

設定の「一般設定」画面を開き、ブログのキャッチフレーズやタイムゾーンの設定などを行なっていきます。

キャッチフレーズは、サイトがブックマークされた時などに、このキャッチフレーズが表示される場合があります。次にタイムゾーンが正しいことを確認し、日付や時刻の設定はお好みで設定してきます。
 


 

ディスカッション設定

「コメントの可否」の設定と、コメントを許可した場合のスパム防止の設定を行います。「コメントの可否」については、目的に応じてチェックを外します。ブログ以外の運営であればコメントの許可は不要でしょう。コメントを許可した場合、プラグインページから「Akismet Anti-Spam」を有効化することで、スパムコメントの攻撃を防止することができます。

ただし、Akismetはアカウントの登録などが必要になるため、プラグインの指示に従って登録しましょう。
 


 

パーマリンク設定

パーマリンクというのは、ページのアドレス(URL)のことです。
 

  • 検索エンジン/他サイトからの流入に関わる重要な設定
  • 最適解はサイトの方針によって異なる
  • どの形式でいくべきかは戦略が必要

 
方針が立てられない場合は「基本」もしくは「日付と投稿名」に設定しておきましょう。
 

 

WordPressを始めよう

素敵なブログライフを

ブログを運営する上で1番重要なことは、ブログの「コンセプト」を決めることです。誰に向けて、どんな記事を書くのか、自分の中で書いていきたいことを絞り込みましょう。書く内容がばらばらで決まりがなければ、読む方も何を書きたいブログなのかわかりません。
 

  • ブログの目的は何なのか
  • 何を書くのか
  • どんな人に向けて書くのか

 
上記のことをしっかりと考えて「コンセプト」を作っていきましょう。アフィリエイトサイトなのか、自己発信のサイトなのか、商品紹介のサイトなのか、まずは大枠をしっかりと決めて「ブログタイトル」や「キャッチフレーズ」をつけていくとよいでしょう。

慣れてくれば、WordPressのテーマを切り替えてブログをカスタマイズしていきましょう。WordPressには無料のテーマもあれば有料のテーマもあります。自分好みのブログを作るためには、無料のテーマではカバーしきれない場合もあるので、思い切って有料テーマを購入してみるのもオススメです。

ちなみに私のブログは「STORK」という有料のテーマを使っています。10,800円ほどしますが、見やすいデザインに加えSEO対策もばっちりされているオススメのテーマです。「STORK」の詳しい使い方やカスタマイズについては、追って記事にしていきたいと思います。

それでは、WordPressでの素敵なブログライフをお楽しみください。

WordPressでブログを始める前に

2018.11.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です