英語の勉強に必要な3つの要素

 

基本的な要素はたった3つ

 

英語の基本的な要素は以下の3つです。
  • INPUT(情報の収集)
  • OUTPUT(情報の発信)
  • REPEAT(繰り返し)

つまり、英語にたくさん触れて自分に落とし込んでいく、そしてそれを自分で声に出すなり、会話で使ってみたりと発信してみること。最後にそのサイクルを繰り返していくことです。

単語や熟語は無理に覚えようとせずに、気楽に頭に入れてください。変に覚えようとすると余計に体力を使ってしまい、しかもそれを忘れてしまった時は、なんか虚無感を感じます。

英語を覚えることで必要なことは、量です。なんども目にした単語や、なんども熟語使っていると、自然に口から出てくるようになります。INPUTしたことをすぐにOUTPUT、そしてREPEAT。

 

ルー大柴方式で英語脳に!

 
 

 
 
私生活で目に入ったものを英語に置き換えてみる、思ったことを英語に置き換えてみる、わからなければその場で調べて、確認する。無理に覚えようとしない。気楽に。ルー大柴さんのように英語を日常に落とし込んでいくといいです。笑

英語を勉強する上で必要なことは “継続” です。話せるようになるまで続けること。挫けそうになった時は、初めの頃を思い出してみてください。間違いなく始めた時より成長しているはずです。

 

最後に・・・

 
 

 
 
自分の未来を決めているのは常に自分です。目標をもって続ける人は必ず成功します。英語も同じで、英語が話せるまで続ければいいんです。日本人が英語習得に必要な勉強時間はおよそ3,000時間といわれています。このうち中高で習う時間はおよそ1,000時間。大学生以降で2,000時間勉強する必要があります。

あなたは何歳までに英語を習得したいですか?

2,000時間という量をこなすには、それまでに1日何時間を勉強に費やせばよいのか逆算できます。スキマ時間を利用したり、勉強方法を試行錯誤しながら、勉強の質をどんどん上げていくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です