英語初心者に初めにオススメする勉強方法

 

初心者は何から始めればいいの?

 
 
英語の勉強

なぜ英語を勉強するのでしょうか

 
英語を勉強し始めた時、初めに何から手をつけていいのか分からないと思います。未来のこと想像しながら、まずは何故、英語を勉強したいのか改めて自分に問いかけましょう。なぜ英語を話したいのか? 英語を話すことによって何をしたのか? 英語が話せると何ができるようになるのか?

  • 英語が話せるとモテそうだから
  • 海外旅行に行きたいから
  • 外国人の友達を作りたいから
  • 仕事で英語が必要になったから

あなたの目的はなんですか?
目的が定まったら最短で達成するには何をすればよいのか、仮説を立て深掘りしながら計画を立てていきましょう。
 
 
★ 英語が話せるとモテそうだから
⇒ どんな英語を使えばいいのだろう?
⇒ 発音が良いとカッコいい?

発音を集中的に勉強する。
 
『発音記号をたった3時間でマスターできる優良サイト』
 
 
★ 海外旅行に行きたいから
⇒ 海外旅行で頻出する英語とは?
旅行でよく使われる英語表現を勉強する。
 
『覚えておくと便利な旅の英語フレーズ』
 
 
★ 外国人の友達を作りたいから
⇒ 外国人の友達はどこで作れる?
⇒ 会話でよく使われる英語表現は?

口語表現を勉強し、言語交換サイトを利用する。
 
『外国人と友達になれるNo.1超優良サイト』
 
 
★ 仕事で英語が必要になったから
⇒ 仕事の業種と必要な知識は?
⇒ 英語を書く仕事? 話す仕事?
⇒ 使用頻度の高い単語と熟語は?

用途別にビジネス英語を勉強する。
 
『初級レベルのビジネス英語紹介サイト』
 
 
上記の方法だけではなく、目的を達成するための方法はいくらでもあります。目的を明確にしてゴールさえ決めてしまえば、計画はいかようにも立てることができます。

英語初心者が英語の勉強を始めるにあたり、まずオススメするのはしっかりとした目的をもつことです。

なぜ英語を勉強するのか、英語を話せて何がしたいのか。英語を話すという漠然な目的がゴールになってはダメです。しっかりとしたヴィジョンがないと継続もしません。英語を話したいって思う先に何を考えるのか、それだけで勉強方法もモチベーションも変わってきます。

海外旅行や旅をしたいなら、そのシチュエーションで使う英語を勉強すればいいし、友達を作りたいなら、スラングや口語で使う英語を勉強すればいいし、仕事で使いたいなら、堅い表現の英語やメールの書き方を勉強すればいい。もっと踏み込むなら、最終目的の環境に初めから浸かって、しごかれながら勉強すれば早いです。

できるだけ英語しかない環境へ

 
 

試行錯誤しつつレベルアップし続ける

 
『Daichi』という21歳で英語力0の状態からカナダへ単身で乗り込み、現地で働きながら英語を習得した男性がいます。彼は学生時代に、バイト先で様々なお客さんを見る中で、海外の方と日本人との違いを感じ、もっと海外の事を知って身に付けたいと考えた矢先に、カナダに乗り込むことを決意しました。そして帰国後に留学・ワーホリ・英語サポートを業務としたエージェント「REOALS」を設立しました。

⇒ REOALSの公式HPはこちらから

英語を習得するうえで簡単な1つの方法は、環境につかることです。私はこれまで1人でどんなことにも挑戦してきました。勉強方法を徹底的に調べて、1人でアメリカや多国に旅も出て、勉強してだいぶ英語できるようになったかなと思って、ネイティブと話してみるも、聞き取れずうまく話せず撃沈。悔しくてまた勉強してまた撃沈しながら少しずつ上達させていきました。

私の場合、海外のいろんな場所を不自由なく旅したいという目的があって、そのためには英語が必要だったからです。英語を上達させるために、おぼつかない英語ながらも外国人の友達を作って、英語が話せる仕事も探して勉強しました。今では英語で外国人の友達と電話もするし、英訳の仕事も舞い込んできます。

英語を勉強する上での基礎的なことをこちらでは説明しているので、参考にしてみてください。

『英語の勉強に必要な3つの要素』

最後に・・・

 
 

未来を想像してわくわくしよう

 
挫折や諦めてしまいそうな瞬間はいつだって誰にだってあります。でも初期の頃の自分と今の自分を比べてみてください。確実に少しはレベルアップしています。そして目的を達成することで得られることを想像してみてください。今の時点だから仕方ないと思うくらいわくわくしませんか? 少しずつ、少しずつでもいいから積み重ねていくと目的は必ず達成されます。大事なことは達成するまで続けること。
そして目的とビジョンをしっかりと持つこと。

If you can dream it, you can do it.
– Walt Disney –
夢見ることができれば、それは実現できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です